エピペン所持 決定!幼稚園入園に向けて



こんにちは♪ちびすけままヤンです。

前回の大学病院にての診察で、エピペンの所持が決まりました。

アレルギー持ちの次男は卵アレルギー、乳アレルギーです。

注射器を常時携帯するってなんか大ごとのような気がする…。

そんな不安を抱えながら幼稚園の入園式を迎えました。


米粉100%使用・アレルギー対策のお菓子【おこめのおかし屋さん】

幼稚園とのアレルギー面談


通う予定の幼稚園は長男がつい先日卒園したばかりのところなので、私的には慣れている幼稚園です。

でもエピペン持ちのアレルギーっ子は以前に1度在園していたことがあるというだけで、どういう対応をしてくれるのかはわかりません。

担任の先生が決まって、早速面談をしました。


先生に伝えたこと


まずは給食について。

給食は仕出しのお弁当で、週三回です。

食べられる日は食べて、食べられない日は家から作っていくことにしました。

空のお弁当箱を貸していただき、それに似たようなおかずを詰めて持っていきます。

お弁当や給食をこぼした、ひっくり返した時には代わりのものを出すことができないので、連絡をもらうことにしました。

給食で出るヤクルトを他の子どもがこぼした場合は、触らないようにしてもらい、ナフキンが濡れた場合は先生に袋に入れてもらうことを約束しました。

製作について。

製作で牛乳パックを使うことがあるので、その場合は名前を書いて持たせるので、持たせたものを使ってもらう約束をしました。

プリンカップを使うこともあるそうで、もう少しアレルギーが良くなるまで使用をやめていただくことになりました。

行事の時のおやつについて。

お誕生日会や遠足などで配られるおやつは、事前に何を配る予定か連絡してもらい、私が確認することにしました。

食べられない場合は、似たようなお菓子を持たせる約束をしました。

なんだかたくさん…

そして最後にエピペンと常備薬のアレロックを、職員室で預かってもらうことになりました。

でも、使用するような状況の時は一度私に連絡をしてからということになりました。

誤食がないといいけど、万が一を考えて薬を預かってもらえるのはありがたいです。

病院の先生の話では、預かって置いておくことはできませんと断る園が多いみたいです。
そんな中預かってもらえるのはありがたい!!

幼稚園での生活


まだ給食が始まるのは来週ですが、今から不安…。

だって最初の年少さんはもはや動物園だから(笑)

泣いてる子はもちろんいるし、お弁当をママなしで食べるのが初めての子もたくさんいます。

人の分まで食べようとする子や、食べこぼしもたくさんあります。

本人には、みんなと違う給食だよということは伝えましたが、どこまでわかってくれたかわかりません。

アレルギー物資を触るだけでひどい状況になることは最近は無くなったので、その点はまだいいのですが、やっぱり心配です。

そして何より、毎日お弁当作れるのか?!そこが不安(笑)

早速、星型の卵焼きが出るみたいです(泣)


まとめ


長男が通っていたこともあり、1年の流れはだいぶわかっているので、どこに食品が絡んでくるのかがわかるだけでも安心です。

先生も長男の時に担任だったよく知っている先生だったので、それもよかったです。

でもやんちゃな次男はどこまでわかっているのか…。

誤食で救急車で運ばれる子どもが多いよと病院の先生には脅かされたので、やっぱりいろいろ心配です。

まだ先生に伝えないといけないことがうるような、抜けてることがあるような…。

その日やその場の状況で注意したほうがいいことを思い出したりするので、時々先生とお話できたらなと思っています。

まずは1日目、楽しく帰ってきた次男!このまま楽しい〜で1年間過ごせるようにまずは頑張ります!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。