アレルギーっ子も食べられる駄菓子 卵不使用 乳不使用のまとめ



こんにちは♪ちびすけままヤンです。

今10月。ここ最近駄菓子をもらう機会がたくさんありました。

9月に行われた地域の祭りで、山車や神輿のお菓子。

運動会の景品のお菓子など。

ちょうど行事が重なり、さらに我が家は三兄弟ということもあり、お菓子も3つ分!

沢山の駄菓子が家にあります。

その中でも、卵アレルギー、乳アレルギーの次男が食べられる駄菓子をまとめました。


駄菓子の主成分


駄菓子に多いスナック系のものは、意外と小麦ではなくコーン(とうもろこし)を主な原材料として作っているものが多いです。

例えば、キャベツ太郎、もろこし輪太郎、うまい棒、コーンポタージュなどなど。

主原料ではなくても、小麦が含まれているものもあるので注意が必要ですが、

メインが小麦ではないので、小麦アレルギーの時も少しなら食べられました。

しかし、乳成分が含まれているので要注意です!


米粉100%使用・アレルギー対策のお菓子【おこめのおかし屋さん】

卵、乳成分なしの駄菓子


駄菓子で卵アレルギーでも乳アレルギーでも食べられるものを少しまとめました。

小麦は使用しているものです。

小麦不使用、卵不使用、乳成分不使用の駄菓子についてはこちらのブログでまとめました。

餅太郎

原材料

小麦粉、植物油、でん粉、ピーナッツ、食塩、香辛料、膨張剤、調味料(アミノ酸)

ポテトフライ

原材料

小麦粉、パーム油、砂糖、馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、食塩、粉末醤油、蛋白加水分解物、香辛料、酵母エキスパウダー、調味油/調味料(アミノ酸等)、膨張剤、炭酸カルシウム、香料、香辛料抽出物、甘味料(甘草、ステビア)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦、大豆、鶏肉を含む)

蒲焼きさん太郎

原材料

魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、しょうゆ、みりん、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、ソルビット、甘味料(ステビア、甘草)、(原材料の一部に大豆を含む)

同じ種類の焼肉さん太郎、酢だこさん太郎も食べられます。


ふ菓子

原材料

含蜜糖、黒砂糖、砂糖、小麦粉、小麦蛋白(グルテン)、膨張剤

甘いか太郎

原材料

魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、キムチの素、砂糖、醤油、香辛料、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酸味料、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、(原材料の一部に大豆を含む)

いか系の駄菓子(スルメ、よっちゃんイカなど)は食べられるものが多いです。

ベビースターラーメン

原材料

小麦粉、植物油脂、しょうゆ、砂糖、食塩、チキンエキス、たんぱく加水分解物、ミート調味エキス、ミート調味パウダー、酵母エキスパウダー、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンE)(原材料の一部に豚肉、ゼラチンを含む)

ほかにも色々な味の種類のベビースターラーメンがありますが、それぞれ原材料が異なるので、注意が必要です。

他の会社のラーメン屋さん太郎、焼きそば屋さん太郎は乳成分入りでした。

味カレー

原材料

小麦粉、甘藷澱粉、植物油脂、砂糖、食塩、カレー粉、膨張剤、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)、着色料(4)


まとめ


駄菓子に多いスナック系のお菓子は、卵は不使用でも乳成分が使われてることが多かったです。

原材料で“乳成分を含む”となっているだけで、乳製品が明らかに入ってなさそうなものは、食べることができます。

そうすると割と食べられるものが多い印象でした。

でもその微量な乳成分も食べられないとなると、今回紹介したものと小麦も不使用の前回紹介した駄菓子が食べられるくらいで、だいぶ数が減る印象です。

同じような駄菓子でも、色々な企業が販売していて、それぞれ原材料が異なるのでその都度チェックが必要です。

子どもが小さいと駄菓子もらう機会が多々あるので、何がたべられるか困った時の手助けに少しでもなれば嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。