卵アレルギー2歳児 卵黄の自宅負荷の経過と注意点





こんにちは♪ちびすけままヤンです。

卵アレルギーの次男ですが、卵黄は食べられるのでは?ということで、自宅で卵黄を少しずつ挑戦してみることになりました。


卵黄を食べてみる


使用した卵黄は20分以上ゆでた固茹でのゆで卵です。

初めての時は小さじ5分の1程度を朝食に食べました。

そのままだとモソモソして食べづらいので、ブロッコリーにマヨドレをかけてそこに混ぜて食べさせました。

そして2回目、小さじ2分の1程度の黄身をあげてみることに。

しかし、1回目の時は問題なかったのですが、食べた直後から目を痒がり、口の周りに湿疹が出始めました。

今日はキャベツのコールスローに混ぜてあげたのですが、途中でストップ。

ほぼ食べてしまいましたが、食べたのは小さじ3分の1程度かな。

常備しているアレジオンを飲ませて、暑かったので冷えピタをおでこと首元に貼って治まるのを待ちました。


米粉100%使用・アレルギー対策のお菓子【おこめのおかし屋さん】

なぜ2回目は湿疹が出たのか


1回目に黄身を食べた時は特になんの症状もなかったのに、なぜ今回は症状がでたのか。

単純に量を食べすぎたのか。

鼻水が出ていたので、体調が良くなかったせいか。

ゆで卵を作ってから日が経っていたので、卵白の成分が卵黄に染み込んでしまったのか。

明確な理由はわかりませんが、思いつくのは上記の理由くらいです。

そして一番いけなかったのは、ゆで卵を作ってから時間が経ったものをあげたことだと思います。




卵白の成分が卵黄に移ることについて


先ほどの湿疹が出た理由としてあげた、卵白の成分が黄身に入ってしまったのではということについて、以前にこんな記事をツイッターで読んだことがあります。

[ツイッター記事]

ツイートによると、卵白のタンパク質の成分は、固茹での卵にしても触れ合っている時間が長いと、卵白のタンパク質の成分が卵黄に移行してしまうようです。

なので、1回目に黄身を食べた時に症状がでなかったのは、作ってすぐのゆで卵を黄身と白身に分けて食べさせたので、卵白の成分が黄身に染み込まなかったからだと思います。

2回目に症状がでたのは、時間が経ってから黄身と白身を分けたので、成分が移ってしまったからではないでしょうか。

うーん!自宅負荷もなかなか難しい…。

症状がでてしまい、辛いのは次男本人なので、次回からは気をつけていこうと思います。
むしろ何にも知らなくてごめんよ次男(ll゚д゚)

とりあえずは体調が戻ってから、卵黄の自宅負荷を続けていきたいと思います。




まとめ


卵白の成分が移行してしまうことについては、調べてみるとそのほかのネットの記事にも載っていました。

[こちら]

ハムやウィンナーのつなぎの卵が食べられるからと油断していましたが、

それらが1つ食べられても、卵の重量に換算すると1グラム程度

油断は禁物です!

今回は症状がでてしまってごめんなさいでした。


救いは本人が元気なこと。
写真を撮るとポーズまでとってくれました。
元気でよかったです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。