モスバーガー 低アレルゲンメニュー まとめ





こんにちは♪ちびすけままヤンです!

以前から気になっていたモスバーガーの低アレルゲンメニューを食べてみました。

ファストフードのお店でメインが食べられるものがあるのは珍しいことなので楽しみでした。




モスバーガーのお子様メニュー


モスバーガーにはお子様メニューがあります。

モスワイワイセットという名称で、大体500円〜600円前後です。

ハンバーガーとポテトとジュース、おもちゃが1つ付いている一般的なお子様メニューです。

メインはハンバーガー、レタスバーガー、チーズバーガー、ナゲットと種類が選べます。


米粉100%使用・アレルギー対策のお菓子【おこめのおかし屋さん】

モスの低アレルゲンメニューについて


お子様メニューのワイワイセットとは別に低アレルゲンメニューがあります。

ホットドッグとハンバーガーの2種類選ぶことができます。

どちらもポークです。

そしてすごいところは、ここです!

7大アレルゲン食材を、原材料として使わずに考えたおいしいメニューです。

店内でのアレルゲン混入を防ぐ個包装です。袋のまま加熱し、スタッフが商品に直接手を触れずにご提供します。

HPより

7大アレルゲン不使用のハンバーガーが、ファストフードで食べられるなんて!

小麦ではなく米粉のパンで作られていて、乳だけでなく、大豆も不使用!!

そしてさらに個包装になっているので、店内のコンタミを防ぐことができます!

値段は単品330円、セット540円。

セットはドリンクSとおもちゃがつきます。

ドリンクはパックジュースも選べるので、重度のアレルギーの方は飲み物も安心です。

ポテトは付いてないので量は少なめです。




ポークバーガーについて


これが低アレルゲンメニューのお子様セット↓

温めてもらったので、少し曇ってます。

袋にも7大アレルゲン不使用ということが記載されています。

今回テイクアウトなので紙袋に入れてくれたのですが、わかりやすいように低アレルゲンのシールが貼られていました。

サイズが私の手のひらくらいだったので、よく食べる2歳の我が子には少し物足りないかもです。

なのでポテトも追加。

味は、バンズが肉まんのような感じでふわふわの米粉パンでおいしかったです。

ケチャップが小袋で別添えされていて、自分でかけて食べるようになっていました。

こぼすと面倒なので、ケチャップなしで次男は食べました。




【訪問型「しつけ支援」サービス】

モスのサイドメニューについて


ポテトを今回頼みましたが、ポテトは食べることができます。

卵 乳 小麦不使用です。

他にオニオンフライとモスチキン卵 乳不使用です

2つとも小麦は使用されています。

ポテトとオニオンフライが半分ずつ入っているオニポテというのもあります。

そしてチキンナゲット5個入りが卵不使用です。

小麦と乳は使用されていますが、ナゲットで卵不使用なのはなかなかないので、卵アレルギーの方にはありがたいですね。

うちは乳アレルギーがあるので、残念ながら食べることができません。

以上のようにサイドメニューの中にアレルギーありでも食べられるものがいくつかあるので、低アレルゲンバーガーのでは足りない時の足しになります。

でも揚げ油は共有などの記載があったので、重度のアレルギーの方は要注意です。


まとめ


今は小麦が食べられるようになってきたので、マックのハンバーガーやナゲットが食べられるようになりましたが、

小麦除去のときは、マックで食べられるのはポテトのみ。

小麦アレルギーがある場合は、モスバーガーの低アレルゲンメニューは本当にありがたいです。

デザートも食べられるものがあるので、それについてはまた次回調べたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。