市販のクッキー 卵乳アレルギーでも食べられる⁈





こんにちは♪ちびすけままヤンです!

2歳の次男は卵と乳製品アレルギーです。

以前は小麦アレルギーもあり、ほとんど市販のお菓子は食べられませんでした。

でも最近は小麦が食べられるようになり、市販のお菓子でも卵不使用、乳製品不使用のものなら食べられるようになりました。



米粉100%使用・アレルギー対策のお菓子【おこめのおかし屋さん】

卵不使用、乳成分不使用のクッキー


そこで見つけたのが、ロータスクッキー!(Lotus Biscoff)

近所ではカルディに売っています!

あとは大きなスーパーか、コンビニで個包装されているものもみたことあります。

サクサク、ホロホロしていて、ちょっとリッチなお味でおいしいです!

こんなサクサククッキーが、なんと卵不使用、乳成分不使用なのです!

ロータス オリジナル カラメルビスケット 500g(250g×2袋

新品価格
¥670から
(2018/5/6 12:11時点)

ロータスクッキーの原材料


ロータスクッキーはチョコがサンドされているものも販売されており、

プレーンな味の“オリジナルカラメルビスケット”という種類がアレルギーありでも食べられるものです。

このオリジナルカラメルビスケットの原材料は、

小麦粉、砂糖、植物油脂、シュガーシロップ、大豆粉、食塩、シナモン、膨張剤

シンプルな材料で安心できます!

そして卵と乳製品は使われてないので卵アレルギー、乳アレルギーでも食べられます♪

シナモンの風味でちょっぴり大人の味です。

ちなみに原産国はベルギーです。




イタリアの有名チョコレート【Caffarel】

卵乳不使用のビスケット


他にも有名なリッツ卵不使用、乳成分不使用です!

ちょっぴり塩味の何にでも合うクラッカー。

昔ながらの味でおいしいです。

しかし、2016年にヤマザキナビスコの契約が終了して、原産国が国産からインドネシアに変わりました。

それに伴い少し、原材料も変化しました。添加物が増えたようです。

でも卵と乳製品は含まれていないので食べることができます。

原材料

小麦粉、植物油脂、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、モルトエキス、食塩、膨張剤、レシチン(大豆由来)、酸化防止剤(V.E、V.C)

ちなみにナビスコリッツの後継者としてヤマザキナビスコから発売されている、ルヴァンも食べられます♪

写真 HPより

青いパッケージのルヴァンと赤いパッケージのルヴァンプライムの両方とも卵乳不使用です。

モンデリーズ・ジャパン リッツクラッカーS 128g

新品価格
¥145から
(2018/5/6 12:14時点)

まとめ


卵アレルギー、乳アレルギーがあると市販のお菓子で食べられるものがしょっぱい系のお菓子ばかりになります。

ロータスのクッキーは甘いので、アレルギーありでも甘いクッキーが食べられるのは嬉しいですね。

リッツなどのクラッカーも、食べられるものが中にはあるので、原材料を要チェックです!
高級・輸入食材のスーパーマーケット




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。