米粉のトマトクッキー 突然の長男からのリクエスト





こんにちは♪ちびすけままヤンです。

長男いちすけからの突然のリクエスト。

“トマトクッキー”が食べたい!!

トマトクッキーってなんじゃそりゃ?なぜそんなクッキーを思いついたのか?

謎だらけですが、トマトクッキーが食べたいそうです。

クッキーの生地にトマトを混ぜればできそうですが、

米粉のクッキーは水分を混ぜると硬くなりがちということがわかってきました。

トマトなんて水分が多いものを混ぜたら硬くなるのでは?という不安からなかなか挑戦できずにいました。

で、クックパッドなどを見てみましたが、なかなかこれといったレシピに巡り会えず…。

自分のクッキーレシピで豆乳を混ぜて作るものをアレンジすることに!

豆乳をトマトに置き換えてなんやかんややってみました。



トマトクッキー 材料


レシピはこちら

クックパッドにも載せてます!


このレシピははちみつを使って生地をまとめているのに、作り始めて気づくいつものパターンで、はちみつがないことを知る!

砂糖を代わりに入れました。

  • 米粉 15g
  • 片栗粉 30g
  • アーモンドプードル 10g
  • 砂糖 20g
  • 塩 ひとつまみ
  • サラダ油 10g
  • トマト20g


トマトはホールトマトを皮をむいて小さくカットして、潰して入れました。


トマトクッキー 作り方


粉と砂糖をビニール袋に入れて混ぜたら、サラダ油を入れてボソボソの生地にします。

皮をむいたトマトを入れて、手でつぶしながら生地と混ぜます。

やばい!ちょっとトマトを入れすぎて、ベチャベチャな生地になってしまいました。


麺棒で伸ばせる感じではないので、クッキングシートに手で一生懸命伸ばしました。


一応後でカットしやすいように、包丁で跡を付けておきました。

予熱したオーブン170度で20分、160度で10分と長めに焼きました。

触ってみてフニフニ感がなくなるまで焼きました。

焼き上がり



先ほど焼く前に跡をつけたのはあまり意味がなく(笑)

テキトーにバキバキ折りました。

味はというと、、、うまい!!!

ザクザク♪硬くない!

おいしいではないか!!

よく焼いたのがよかったようで、水分の多さを心配していましたが、キチンと水分が飛んでおいしいクッキーになりました(*^_^*)

プリッツのようなしょっぱい系のクッキー♪おいしく出来上がってよかったです!

どうなることかと思ったトマトクッキーでしたが、うまいうまい言って子どもたちも喜んでくれました☆


おわりに


水分を入れると硬くなってしまいがちな米粉クッキーですが、

片栗粉を多めにして、アーモンドプードルを足すとサクサク感がでます。

そして水分を飛ばすように、よく焼くとさっくりします!

オーブンを開けて、手で触ってみてフニフニするようだと、焼き時間を足します。

今回は焦げそうになってきたので、温度を170度から160度に下げてさらに焼きました。

野菜のクッキーはおやつに食べても罪悪感が少ないような。でもつい食べ過ぎてしまうので、あまり意味がない気も…(笑)

「今日のおやつ何?」

と幼稚園から帰宅して一番に言う一言!

「トマトクッキーだよ」と言ったら「やったー♪」と大喜びだったので、その笑顔だけで満足でした。

でもその5分後には怒ってしまう(>_<)最近兄弟ゲンカがすぐ始まり、家の中がうるさい。

そしてつい、イライラしてしまう。

ついさっき、その笑顔だけで満足だーって思ったのに(笑)

まったく新しいわきが対策


わきが用デオドラント【ハイネス】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。