1歳半 誤食!アレルギーによる蕁麻疹 症状 がでた時の様子





こんにちは♪ちびすけままヤンです♪

先日の土曜日、友達のお家でお昼を食べる約束をしていました。

お昼ご飯を友達が作ってくれることに♪

その友達宅も同じ小麦、卵、乳製品アレルギーの子どもがいます。

アレルギー除去の食事は作り慣れているので、次男のアレっ子にすけは初めて誰かが作ったご飯を食べることになりました。

ちょっとドキドキ。

しかしみんなで楽しく食事を進めていると、妙に口の周りが赤い…。

でもメニューがグルテンフリーのトマトパスタだったので、口の周りがベタベタになり、食後に拭いたことで荒れてしまったのかなと判断。

これはよくあること。

でもなんだか顔が赤い…。

しかしこれも、その日の朝に別の原因で蕁麻疹が出ていて抗アレルギー薬のアレジオンDSを飲んだので、食後に体が温まったことによって症状が再発したのかと判断。



でも、お腹周りも痒がり出している…。

普段、少しのアレルギー物質の摂取では目の周りに湿疹が出るくらいです。

お腹を見てみるとポチポチ蕁麻疹が。

何か食べた様子はないし、でも明らかに様子がおかしい…。

顔が赤いし、耳も赤い。

その日は土曜日、さらに午後。病院は休診です。

でも家に帰れば冷やしたり、安静にしたりできるので、とりあえず帰ることに。

友達にまだ遊びたかったけど、ごめんね、帰るね〜と伝え、車を停めていた駐車場へ。

友達には明るくバイバイするもやっぱりいつもと雰囲気が違うことに不安を感じ、

さよならしてすぐ駐車場への道を歩きながら、救急相談センターに電話。

初めて#7119に電話しました。

基本的に何か電話をすることが苦手なのですが、ここは躊躇してはいけないとすぐに電話することができました。

#7119では看護師につないでくれ、向こうからの質問に答える形で話が進んでいきました。

  • 今の蕁麻疹の状況
  • いつ頃から蕁麻疹がでたか
  • 咳の有無
  • 喉のヒューヒュー音の有無
  • 呼吸はしているか

そして結果、その時の時点で呼吸に問題はなさそうだが、蕁麻疹が全身に広がっているので小児科に連れて行くことになりました。

電話の最後には看護師との通話は終了して、今の場所から近くて休日診療をやっている病院が、音声で紹介されました。

そして、一度保険証や診察券を取りに家に戻ろうと、車を走らせました。



チャイルドシートにくくりつけられたにすけは寝てしまいました。

寝ると余計に息してるかなと心配に。

車の運転も、早く病院に行きたいし焦りました。

でもここで慌ててもしょうがない!子どもを乗せて事故を起こしたら大変だ!と、長男いちすけが助手席に乗ってくれていたおかげで、気持ちがだいぶ楽になりました。

本当は後ろの席で痒がって、しまいに寝てしまったにすけの状況が気になりますが、

いちすけの前でオロオロもできず、ちゃんと冷静にいられたので、いちすけも一緒に病院に行ってくれてよかったです。

そしてやっと病院に着き、診察へ。

続きは、次のブログへ…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。