乳アレルギー っ子の カルシウムの摂取方法





こんにちは♪ちびすけままヤンです☆

我が子は小麦、卵、乳製品アレルギー。

この3つを今は完全除去中です。

そこで心配なのがカルシウムの摂取量!

以前にもブログに書きましたが[こちらのブログ]、

乳製品アレルギーの子どもはそうでない子に比べて、カルシウムの摂取量が半分になってしまうらしいです。

これから成長していく大事な時に、カルシウム不足では心配なので、

乳製品アレルギーでも、上手にカルシウムを摂取できる方法を考えました。

そこで見つけたのが、豆乳!

普通の豆乳はカルシウムが入ってますが、牛乳に比べると少ないです。

長男いちすけは、毎朝とおやつの時に牛乳を飲みます。

兄弟なので差をなくしたい!

毎日摂取できるもの!

スーパーで発見!!


  • カルシウム  200ml中…240mg

そしてさらに違うスーパーで見つけた!アレルギー物質不使用のちくわ、カニカマなどが売ってる素敵なスーパー♪

小さいスーパーですが、おすすめです☆

その名もカズン!!



  • カルシウム 200ml中…220mg

牛乳とカルシウムの量がほぼ変わらなーい!!

さらにカズンで売っていたスジャータの豆乳はミルクのようにやさしいダイズよりちょっと安い!!


ただでさえ、アレルギーっ子は食べるものに気を使い、ちょっと割高なものが多いので、少しでもお安いほうが助かります☆

このスジャータの豆乳を毎日飲みたいです!

と思っていましたが、スジャータのほうは味が甘いです。

私はミルクのようにやさしいダイズのほうが味が好みでした。

今のところ、ミルクのようにやさしいダイズを安売りの時にまとめ買いをして飲んでいます。

乳製品アレルギーでもカルシウムを上手に取って、すくすく育ってほしいです(。>∀<。)

←クリックお願いします♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。