プレーンタイプ コーンフレーク 乳アレルギーでも大丈夫⁈





こんにちは♪ちびすけままヤンです(*^_^*)

生後7ヵ月から、アレルギーが発覚した、次男のにすけ。

小麦、卵、乳製品アレルギーなので、離乳食の主食は主にごはんでした。

そこで重宝したのが、コーンフレーク

離乳食の初期から食べられる、さらに主食になる!ということで、買いに行きました。




コーンフレークに含まれるもの


離乳食初期なので、もちろん砂糖なしのプレーンタイプを探します。

シュガーが含まれている、フロストとかフロスティとか書いてあるコーンフレークはどれもが含まれています。

砂糖のこともありますが、アレルギーなので、シュガータイプはもともと食べられません。

フロスト シスコーンのコーンフレーク


*原材料名*

コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、砂糖(三温糖)、食塩、乳糖、麦芽エキス、モルトシロップ、炭酸カルシウム、ビタミンC、香料、ピロリン酸鉄、乳化剤、ナイアシン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB6、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンB2、ビタミンB12
[HPより]

砂糖入りで甘いコーンフレークです♪

[含まれるアレルギー物質 乳成分]

とあります。

セブン&アイ・ホールディングス コーンフレーク

でもプレーンタイプのコーンフレークにも[含まれているアレルギー物質 “乳”]と記載のものがありました!

我が家の近くの大きなスーパーはプライスです。

プライスはセブン&アイ・ホールディングスでセブンブランドのコーンフレークが売っています。



このようにプレーンタイプのコーンフレークでも乳成分が含まれていました!

これは気をつけないと!プレーンは全てアレルギーっ子も食べられるというわけではないみたいです。

イオン コーンフレーク

他にもイオンブランドのコーンフレーク!

こちらは乳成分は含まれていません。


*原材料*

コーングリッツ、砂糖、食塩、麦芽エキス、モルトシラップ、ビタミンC、炭酸カルシウム、ピロリン酸鉄、乳化剤、ナイアシン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB6、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンB2、ビタミンB12

[HPより]

しかし、これを食べたら湿疹が!!

確かめるために2日に分けてあげてみましたが、やっぱり湿疹がでる!

どうやらコンタミということみたいです。

●同じ生産工程で「乳、小麦、大豆」を含んだ食品を扱っています。

とあるので、これが原因でアレルギー症状が出た様子。

なかなかコーンフレークで食べられるものが見つからない…。




アレルギーなし コーンフレーク


そんな中うちの乳アレルギーのにすけが食べて、大丈夫だったコーンフレーク!

シスコーンの黄色

なかなか売ってない(ll゚д゚)


マルエツのシリアル


コープのコーンフレーク


値段が1番お得!


他にも乳成分が含まれていない種類

ケロッグのコーンフレーク


東武ストアのvマーク商品

これは製造元は日清シスコとあります。


これらは食べてないのでわかりませんが、一応記載は乳成分なしです。


まとめ


コンタミまで気にすると、加工食品を食べる怖さがあります。

初めてのものは、できるだけ平日の午前中に食べたり、湿疹の症状が出たら、今日一日何を食べたか考えたり、原因を探したり。

それでもうっかり食べちゃったり、初めてのものを実は二つ食べていて、原因不明だったり。

それでも食べられる商品を見つけると嬉しいものです。

コーンフレークはにすけもおいしく食べられる朝食のメニューの一つです☆

栄養もあるので、上手に食べていきたいです。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。