アレルギーっ子 お友達同士で遊ぶ時 お菓子のストレス…





こんにちは♪ちびすけままヤンです。

今日は記念すべきにすけの1歳の誕生日〜☆

小麦、卵、乳製品アレルギーと食事に制限はあるものの、大きな病気もせず、元気に成長してくれました(^з^)-♪

・ 

最近おっぱいを飲む量も減ってきて、私の授乳によるアレルギー物質の制限もだいぶ緩くなってきました☆

成長は嬉しいけど、ママ離れのようでちょっとさみしいような…。

そんなアレルギーっ子にすけについての、ちょっとしたストレス。

今日はお友達のおうちで何人かの子連れママたちの集まりがありました。

1歳前後の子どもたちがワー♪キャー♪遊んでいる中、ママたちは作業をします。

そこで、誰かの子どもが赤ちゃんせんべいを食べ始めました。

赤ちゃんせんべいか。まぁあれなら、万が一落ちたもの食べても平気か…。と様子を伺いつつもにすけを自由にさせていました。

次に誰かの子どもがたまごボーロを出し始めました。

ん?ボーロはまずいな…。拾い食いしたら大変なことになる…。

にすけを監視する目が厳しくなります!私はママたちの作業が半分頭に入ってません。

さらに、もうすぐ2歳の子どもが、ママの知らぬまに他の子どもにラムネをあげちゃいました。

にすけにどうぞしたらあぶねーなー。

なんて見ていると

!!!とうとうなんか食べた!!!

見ていたのでよかったのですが、パッと落ちている赤ちゃんせんべいのかけらをパクリ!

はい、もうアウトー!自由にさせておけないにすけをおんぶ。

まだ遊びたいよーとジタバタもがくにすけ。

いやいや、お菓子が散乱している中遊べるかー!!降ろしませんよ(>人<)

とまぁ、アレルギーっ子あるあるかもしれませんが、基本的に市販のものは食べられないので、こういう場所って困ります。


子どもが大勢いる場所って必ずお菓子があります。

さらにいちすけは3歳なので、いちすけ世代の子どもたちはチョコやらクッキーやら大人と変わらないものを食べます。

そんな中で自由に遊ぶなんてとんでもない!!!

まだまだ落ちてるものや置いてあるものなんでも口にしてしまうお年頃。

危なくて目が離せません!

でも全部を防ぐのも難しい。

結局おんぶしたり抱っこしてりとなります。

今はそれでいいけど、もう少し大きくなったら、それでは治らなさそう。

せっかくのママ友&子どもの集まり、楽しみたいのですが、アレルギーっ子を連れて行くとなると、食べ物のに関するストレスが溜まります。

間違えて食べて、アナフィラキシー起こしたら大変だし、

だからといってそういう場所に連れて行かないようにして、お友達と遊ばないのもかわいそうだし。

もう少し成長して、拾い食いや置いてあるものを食べちゃったりしないように早くなってほしいです。

そうなったら、みんなと同じお菓子は食べられませんが、

にすけ用のお菓子を持参して、誰よりもおいしそう♪いーなーなんて話しながら、

にすけもストレスを抱えることなく、お友達と遊べたらいいなと思います。



にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ←クリックお願いします♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。